ぽてっこ

kunyan92.exblog.jp

人のことはわからないものだ

今日は韓薬をもらいに行ってきた。
いつもはパパも通訳で一緒に来てもらうのだが
今日は風邪を引いてしんどいというので一人で行ってきた。

その帰り、同じ階に住むおばさんにバス停でばったり会った!

うちまで話をしながら帰ってきた。

はじめはどこ行ってきたの~?
韓薬の薬局へ行ってきたんですよ~なんて話。

ひとしきり話して落ち着いたら話題が・・・。

「ご主人、たまに見かけるといつも忙しそうですね~」
「そうなのよ。忙しいの。
ソウルに建物があってね。管理しに行ったり来たりなのよ」

同じアパートとは思えないくらいリフォームして素敵なおうちに住んでいて
ちょっと前に「あそこは金持ちよ。ご主人稼ぎがいいから・・・」なんて噂話を聞いていた。
そうか。
ソウルに建物所有してるのね~。


バスを降りて・・・
「あら、もうこんな時間。どおりでお腹が空くはずだわね」
「ご主人忙しいし・・・一人でお昼ですか?
それとも仲のよいお友達とランチしたりするんですか?」
「・・・そんなのないわ。
心から親しい友人なんて一人もいないもの。
とりあえず会ったり適当に話も合わせたりはするわよ。
でも、本当に仲のよい友人なんて一人もいないのよ。
私気難しいみたいね・・・・・etc.」


すごく驚いた。
最近は毎日のように「私は幸せだな~」と思って暮らしているので
人をうらやむようなことは、このところ全然無かった。
でも、先週あたりちょうどこのおばさんがうらやましいな~と思ったりしていたの。

お金もあって、毎日のようにどこか出かけてて
きっと友人も多くて楽しい生活なんだろうなぁと思っていた。

おばさん、歳の割にとても若々しくて素敵なマダムで
若い私なんかよりよっぽど生き生きしてて・・・。
アトピーの私よりずっとつやつやしてて、なんだか眩しかったの。


ところが、よく聞いてみたら
ご主人は家にいないことも多いし、
親友と呼べるような友達は一人もいなくて(一人もいないって何回も言ってたのよ)
ご飯もひとりで食べるとおいしくないのよ・・・なんて言う。
とても淋しそうT^T


私は韓国に来て、まだ韓国人のお友達を作っていない。
一度心を開いたら、押しが強い韓国人に
友人の家は私の家・・・のように毎日訪問&あれこれ干渉がすごいと
いろいろ噂話によく聞くので(もちろんみんながみんなではないけれど)
なかなか心を開けずにいる。

それでも、ここ韓国に嫁いで来た同じ日本人のお友達ができ
彼女たちとは親しくなれたと思っている。
私の方がよっぽど友人に恵まれ、楽しい生活を送っているのではないか。


人のことはわからないものだな・・・
[PR]
by kunyan92 | 2007-01-27 22:42 | 日々のこと