ぽてっこ

kunyan92.exblog.jp

結果オーライ(?)初登園

初日から欠席だったモンチッチ。
夕方先生から電話があり。
そのとき元気だったモンチッチが出たので
「少しくらい熱があっても薬も持たせてくれたら飲ませますので必ず登園させてください」と。

お風呂に入って温まってぐーっすり眠ったら明日はスッキリ治ってるだろうと思ったのだけど
風呂上がりにモンチッチがガタガタ体を震わせはじめた!

驚いて抱きかかえると体が熱い!!
急に熱が上がったみたい。

こんなのは初めてなので私もおろおろしてしまって
夜の分の薬と解熱剤を飲ませて寝かせた。


ところが今度は夜10時ごろになって
寒さで体を震わせている?!
体温を測ってみると34.4度しかない!!!

どうしようどうしよう・・・。
泣きそうになりながらモンチッチを抱いて温めながら寝る。

なかなか体温は上がらなかったけど
夜中に気づいたらだいぶ温かくなっていた。



今朝。
モンチッチは起きるなり「幼稚園に行く~!!」

でも熱がある。

それでも「幼稚園に行く~」と言う。
昨日までは体がしんどくて「幼稚園行かない。ママと一緒に行く」と泣きべそだったのに。

気持ちは元気だけど、やっぱり熱があるので
寝そべって車で遊んだりしている。


行かせるか行かせないか・・・・・。

ものすごく迷ったけど、最後まで行くと言っているので
パパのタクシーで(荷物が多かったので)連れて行くことに。

一番早いバスが到着する前に担任の先生にゆっくり事情を説明して・・・と思って行ったのに
先生がまだ来ていない!

一応他の先生に「しんどい」という意味をメモした紙も渡したけれど・・・
最後には別の学年の見知らぬ先生に抱きかかえられて「ママ~ッ!!!」と泣き叫ぶモンチッチを置いて帰ってきた。

やっぱり今日はお休みするべきじゃなかったか。
38度なんて日本じゃ絶対幼稚園行かせないよね。
はじめての登園という大変なことを体のしんどいときにさせてしまうなんて・・・。

もう私の判断ミスじゃないかと
帰りの車の中で涙が出てきてしまった。


心配で心配でたまらなくて居ても立ってもいられない。
おかしくなりそうなのでペコちゃんと昼寝をした。

パパの電話で起きる。
まだ11時半。
あと3時間もあるよ・・・。


体の芯から震えてしまうようなひどい後悔と心配の嵐に
自分でもちょっとおかしいなと思って熱を測ったら
私も熱があった^^;

熱のせいで異常な心配をしていることに気づいてからは
少し落ち着いて、1時間ほど今制作中のものに没頭する。


さぁ、あと少しで帰ってくるぞ!
急いで片づけして降りたらまだ15分前だった^^;
ちょっとペコちゃんとアパートのまわりでも散歩すればいいと思ったのだけど
今日はまだ風も強くて寒く、とても散歩なんてできない。
仕方なくまだかまだかと園バスの到着を待つ。


来た!!!
おかえり~。

(!!!)
もしかしたら熱も下がって元気になって帰ってくるかもとか期待していたのだけど
降りてきたモンチッチの顔はものすごい隈だった。
右目なんて上瞼まで色が変わっちゃって・・・・・。

「しんどい・・・」
ごめんよごめんよ。
ママが無理させてしまったよ~。

家に着いたらすぐに昼寝をさせようと布団に寝かせた。

・・・・・のだけど。
「先生が本(出席ノート)くれたの」
「体操の先生がいたの」
「歯磨きのときに袖を濡らしちゃったの」
「お友達が泣いたから僕がティッシュをとってきてあげたの」
「ご飯はあそこで食べたの」
「先生がカバンもっておいで~って言ったの」
「キムチは辛いから食べられないって言ったら一つだけでいいって」

話しはじめたらだんだん元気が出てきて
もう口を挟めないくらいのマシンガントーク(笑)

結局パパが帰ってくるまで1時間しゃべりっぱなし。
とても39度あるとは思えない!!!

その後もさらにしゃべり続け、
小児科に行くときはスキップしたり^^;

結局7時に床についてもまだしゃべり足りないようだったが
ようやく寝てくれました。
寝たら一気に汗をかいてました。


先生の話だと、
泣いたのはちょっとだけだったようで、担任の先生が来たときにはもう友達と遊んでいたらしい。
体調が悪いのでときどき「ママ・・・」と言っていたようだが
そのとき以外はよく遊べていた。

パパが無理させたのですっかり元気になるまでしばらく休ませようと思うと話したら
「今が大切なときなので、今日ぐらいだったら登園させてほしい」と。

たぶん、今ならみんながまだ慣れない園生活に一緒に馴染んで行けるけど
しばらく休むと他の子はもうできるようになっているところへ
取り残されたような気になって余計に緊張することになるのかも。


それにしても、
モンチッチは以前からかなり地理感覚が鋭いと思っていた。
一度行ったお店の前を通ると
「この近くにおいしいもののお店があるのね~♪」とか言うし
大通りを走っていると、脇に入る道を指差して
「ここを行くとママの病院なんだよね~」とか。

帰りの園バスは
「いつもみたいにバスのお家(終点があってたくさんバスが並んでいる)とか
クレーン車のお家(クレーン会社があってクレーン車が数台ある)のところを通ってきたの?」と聞くと
「ううん、違う!
あっち行って~ブゥーンってお山登って来たの!!」

なるほど~。
行きのルートは時計でいったら9時の方向から2時の方向へ時計周りに。
帰りはその逆ではなくて、2時の方向から9時の方向へやはり時計周りに帰ってきたのね。

3歳で一度で園バスのルートを親に分かるように説明できるのってすごいよね?!


まだ「ママと一緒に行く」って言ってたけど
「帰りのバスに誰かママが乗ってた?」って聞くと
「乗ってなかった」

一度行ってみて、
みんなママと一緒でなく一人で幼稚園に行ってること、
ちゃんと帰ってきたらママが待っていることがわかったと思う。

幼稚園はキライじゃないみたいで
ほんとに眠ってしまうまでしゃべり続けていたし
先生も優しいって言ってたし(今日もチュウしてきたんだって^^;)

さっきの汗のかきかただと
すっかり治ってしまいそうな雰囲気だったな。

明日はバスに乗って一人でいこうね。


はぁ・・・モンチッチもしんどかったけど、ママも疲れた~^^;
[PR]
by kunyan92 | 2007-03-06 22:06 | こども