ぽてっこ

kunyan92.exblog.jp

慣らし保育

昨日から3日間、はじめての幼稚園に慣れるために
希望者はママと一緒に登園することができます。

・・・・・ところが、
昨日は先生の連絡ミスで園バスに乗れず^^;

今日から行ってきました。


言葉もかなり話すようになってきたし全然心配ないと気軽に考えていたのだけど

お部屋で活動がはじまると・・・

先生「さぁ、みんなはお花になってね。先生は蜂さんだよ~ブーンブーン。
みんなのお花のところに行ったら蜂蜜をちょうだいね」

子どもたちはノリノリで(お母さんたちもノリノリ)
とても楽しそう。


モンチッチは先生が何を言ってるのか理解できず
固まって「ママ・・・」。
私もやばい、わかってない・・・と顔がひきつってしまった。

パパやハルモニ・ハラボジ(おばあちゃん・おじいちゃん)と普段話してる内容と違うので
お花とか蜂さんとか蜂蜜とかいう韓国語は覚えていなかったのよ。


他の先生が「昨日やった歌覚えてる?やってみよう!」
って指で10まで数える歌をやったけど
ママも知らないのでついていけず(汗)


私も心臓がドキドキしてしまって焦ったけど
その後テレビ型紙芝居がはじまると
「あっ、あそこに○○がある!!」とか元気になってきて、ほっ。

それから今日はかざぐるま作り。
ママと一緒だし、こういうのは大丈夫。

外遊びになったらだんだん調子が出てきて
最後には「もっと遊びたい!!」って^^


はじめは本当に心配したけれど
やっぱりしばらく通えば問題なさそう。

よく考えたら、
最近はなんとかレンジャーのような男の子っぽいものはよく真似してポーズとったりしてるけど
お花~♪とかそういうのは日本の幼児番組見てても元々やらないモンチッチ。
なんだろね。
恥ずかしいのかな?


それに、ちょっと特別な、気にかけてやらなきゃいけないモンチッチを
園長先生はきっと「この先生なら!」と思う先生に託すでしょう。
その点はラッキーかもしれない♪

e0111595_22415551.jpg

[PR]
by kunyan92 | 2007-02-27 22:44 | こども